あなたは精力剤を選ぶ時に何を重視しますか?

  • 大手メーカーなど会社の信頼性
  • とにかく効果があるもの
  • 科学的裏付け、特許
  • 広告のお姉ちゃんが可愛い
  • 芸能人がすすめている
  • 知人に教えてもらった
  • 口コミが良かった
  • 安い
  • 広告の内容が魅力的
  • 副作用がないもの
  • etc…

このように人によって色々な判断基準があります、ぶっちゃけると上記の項目を全て満たすスーパーな精力剤は存在しません

僕なら上記項目で外せないポイントは「科学的裏付け、特許があるもの」です。
同時に科学的裏付けを「信頼できる」と判断するのに、商品に配合されている「原料のメーカーと型番」が大事になります。

サプリメントはあくまでも食品で、「医薬品と違って即効性がない」ことは事実ですが、それでもサプリで元気力を実感できているので、やはり効果を優先します。

ただし、「効果を優先」=「原料の配合量が高スペック」=「商品の価格が高い」というデメリットが出てしまい、その結果サイト内のランキングも、高価格の商品ばかりになっていました・・・

しかし、今回紹介する「カイメン」はそのデメリットを最小限に抑え「特許配合のゴールデンバランス(科学的根拠)」「コスパ」を兼ね備えたバランスが整っている活力サプリです。

カイメンのメーカーサイトをすぐに見たい方は文章をクリック

商品スペック

商品名 カイメン
会社名 ㈱エポラ
主原料 ランンペップ500mg
マカ粉末500mg
亜鉛5mg(特許取得)
副原料 クラチャイダム180mg
ミドリムシ
形状 打錠
内容量 180粒入り
1日6粒で30日分
単品価格 8,208円
定期(初回) 6,048円
定期(2回目) 6,048円
返金保証 なし
サービス 定期購入の初回
1箱無料サービス

特許配合の黄金比(科学的根拠)

カイメンの科学的根拠は、卵白由来のランペップを軸にに配合特許化が認められた「ランペップ500mg+マカ500mg+亜鉛5mg」をゴールデンバランス配合しています。
※カイメンが特許を取得している訳ではなく、「配合されている原料の割合」が特許を取得(原料メーカーのファーマフーズ)

配合特許の名称は「NO産生促進組成物及びそれを含有する男性機能改善」。

NOとは、一酸化窒素のことです。
元気な時に、たくさんの血が流れこんでピンピンみなぎってる感がありますよね?
あれを作り出しているのが、一酸化窒素です。

だから、一酸化窒素がたくさんになれば、ピンピン力がアップ=男性機能改善に繋がるという理論です。

ランペップって何?

ランペップは、ファーマフーズが開発をした卵白由来の原料です。

鶏が産んだ卵は、21日間暖めるとひよこになります。それは生命を司るすべての物質が卵に収まっているからです。そこで、卵からの生命の創造・維持に必要な成分を取り出すことに着目しました。「卵」からの発想がわたしたちの原点です。

ファーマフーズは元々卵から成分を取り出すことを得意としており、その実績を元に開発されたのがランペップになります。

卵白由来なので、副作用の心配もありません。
※低アレルゲン化されていますが、卵アレルギーの人は飲めません

※ファーマフーズはあくまでも「カイメン」に原料を供給しているメーカーであり、カイメンの販売は「㈱エポラ」になります。

商品の特徴

カイメンには特許配合以外にも商品の特徴が3つあります。

1. ユーグレナ(ミドリムシ)配合
2. 無添加で有効な原料100%
3. コストパフォーマンスが高い

1. ミドリムシ配合

エポラはユーグレナグループの証として、「ミドリムシ」を配合しています。
※社名のユーグレナと、原料のユーグレナが混同しやすいので原料は「ミドリムシ」で統一。

正直に言いますと男性の元気とミドリムシは直接的な関係はなく、元気よりも「健康面」への貢献が高く「スーパーフード」としてテレビで紹介されています。

ミドリムシの特徴

  • 東京大学生まれ
  • 59種類の栄養成分を含有(ビタミン14種類、ミネラル9種類、アミノ酸18種類
  • 植物とは違い細胞壁がないので、栄養素を吸収しやすい

2. 無添加で有効な原料100%

個人的な主観になりますが食品添加物は、避けられるのであれば可能な限り避けるべきだと思っています。

食事を完全に手作りにしない限り、現代社会で食品添加物を避けるのは不可能なレベルなため、せっかく健康のためにサプリを飲んでいるのに、実は食品添加物がたくさん入っていると本末転倒。

ただ無駄に食品添加物を煽るつもりはないですし、サプリに配合されている添加物の多くは安全性が高く無害なものが多いのも事実。

その点「カイメン」は無駄な添加物を配合していないので、ミドリムシ配合と合わせてエポラの企業理念が伝わってくる商品設計になっています。

また、通常は賦形剤(固めるための原料)を配合しないと粒として固まらず、僕が勤めていた会社では作れない技術力の高さがあります。

しかし、この無添加ならではの欠点があり、「粒の味と臭い」に癖があります。
味は少し苦味があり、臭いが干し草(個人的には完全にサイロ、家畜のエサを保管する倉庫)です。
サイロだと少し伝わりくいのですが、牧場的な香りです。

ここで好き嫌いが分かれてしまう可能性はありますが、「良薬口に苦し」的な、下手に手を加えていない1番自然な形です。

3. コストパフォーマンスが高い

2016年1月~2017年6月まで当サイトでは、カイメンと同じ特許配合を持っているレッドドラゴンという商品がランキング1位でした。

同じ特許配合で「90日分の全額返金保証」という太っ腹なサービスがあり、万が一効果が全くなかったら返金されるという保証で、いまだに90日全額対応という商品は他に見たことがありません。

ただし返金保証の代償として「定期購入の継続価格が高い」という欠点がありました。
その欠点を見事に解消したのが「カイメン」です。

カイメンは返金保証をなくした分、継続価格が安くなりランニングコストを抑えています。

商品名 カイメン レッドドラゴン
商品画像
会社名 株式会社エポラ 暖生堂
単品価格 8,208円 16,308円
定期(初回) 6,048円 4,752円
定期
(2回目~)
6,048円 10,044円
返金保証 なし 90日全額
24,840円
サービス 定期購入の初回
1箱無料サービス
返金保証のみ
付帯事項 定期はいつでも
解約可能
返金保証は
3回購入必須
商品名 カイメン レッドドラゴン
商品画像
会社名 株式会社エポラ 暖生堂
単品価格 8,208円 16,308円
定期(初回) 6,048円 4,752円
定期
(2回目~)
6,048円 10,044円
返金保証 なし 90日全額:24,840円
サービス 定期購入の初回
1箱無料サービス
返金保証のみ
付帯事項 定期はいつでも解約可能 返金保証を受けるには、3回購入必須

定期購入を継続すると

商品名 カイメン レッドドラゴン
商品画像
会社名 株式会社エポラ 暖生堂
3回分総額 12,096円 24,840円
6回分総額 30,240円 54,972円
12回分総額 66,528円 115,236円
商品名 カイメン レッドドラゴン
商品画像
会社名 株式会社エポラ 暖生堂
3回分総額 12,096円 24,840円
6回分総額 30,240円 54,972円
12回分総額 66,528円 115,236円

※カイメンは1箱プラスのため、1ヶ月マイナスし、実際の購入回数は2・5・11ヶ月で計算

比較対象のレッドドラゴンは「90日全額返金保証」というサービスがついているので、デメリットとして「ランニングコスト(継続価格)」がどうしても高くなります。

その点「カイメン」は返金保証は一切ありませんが、「初回1箱無料サービス」と「ランニングコストが安い(6,048円)」という特徴があるので、長期間継続して飲みたい安定志向のユーザー向きになっています。

株式会社エポラって初めて聞いたけども大丈夫?

株式会社エポラは、20 年以上健康補助食品の専門メーカーとして、大切な家族を思う気持ちで、お客様と関わり、歩んでまいりました。
だからこそ、安心・安全なものをお届けしたい・・・。
その思いで行きついたのが「無添加」という選択でした。

これからもエポラなら安心と言っていただける商品を提供し、皆様の健やかな未来を支えます。

エポラは20年以上健康食品の専門メーカーとして経営されているので、老舗の安心感があります。
今から20年前だと僕が農学部の大学に入学するよりも前で卒業が2003年、その当時「健康食品(サプリメント)メーカー」に就職した友人は誰もいない時代でした。

辛うじて隣の研究室の先輩が「味の素(当時は完全に食品メーカー)」に就職したぐらいで、健康食品メーカーの認知度がとても低かったです。

そんな時代から現在まで経営が続いており、なおかつ現在は東証1部上場の「㈱ユーグレナ」のグループ会社の一員になっています。

ユーグレナは株式関連で注目のベンチャーとして脚光を浴び、現在でも色々な方面から注目を浴びている企業です。
そんなベンチャーの一員になったというのは、㈱エポラの信用性の高さの証拠だと感じています。

肝心の実感力

※実感力は現在、体験の準備中ですが、ほぼ同一スペックながら少し配合原料に優位性があるレッドドラゴンの数字から20%引いた数字を暫定値としていれています。

朝立ちの回数 13回(28-13)
朝立ち率 .464
平均持続時間 3分13秒

まとめ

精力剤と呼ばれるジャンルは怪しい商品がいまだにあり、「効果があるのかないのかわからない(エビデンスがない)」ものが多く、「魅力的なキャッチコピー」を並べて広告戦略を重視している傾向が強いです。

僕自身、広告代理店と接する機会もあり「広告」が悪いとは思いませんし、むしろ広告ひとつで商品をよりよく魅せることができる手法は、単純にすごいと思っています。

ただし、過剰な広告が多いのも事実で、本当に良い商品ほど広告が控えめで(商品原価重視)、なかなか商品の良さが伝わりません。
OEMメーカー時代にそんな商品を数多く見てきました。

カイメンも発売されてから少し時間が経っていますが、ほとんど見かけることがありません。
この記事で、商品名を初めて知った人の方が圧倒的に多いと思います。

しかし

「科学的根拠」

「ランニングコストを抑えている(コスパが良い)」

「東証1部上場企業のグループ会社が販売」

という3つの安心感がある精力剤が「カイメン」です。

2017年11月20日追記

商品の人気が高まっているようで現在欠品中です。

サポートに電話確認したところ今注文を受けると「お届けが12月に入ってからになりそうです」とのことでした。

サプリは追加製造を依頼しても、納品に1ヶ月以上かかることが多いために、メーカーの予想以上に注文が増えていることが予想できます。