いつも当サイトでは、通販で買える精力剤を紹介していますが、今回は前から気になっていた、ドンキホーテの売り場の中から、最強の精力剤を探してみたいと思います。

意外とドンキは精力剤の宝庫で色々な種類が販売されており、ネーミングが秀逸なものが勢揃いしているのです!

エントリーは27種!果たして最強の精力剤はどれだ?

●お知らせ

現在この記事の情報は古くなっております。また、ドンキは棚の入れ替えのペースが早いため、ランキング内の商品の取扱が少なくなっています。

より期待ができる商品スペックが高い商品は、下記の通販ランキングがおすすめです。

価格順で並べ替えてみた

まずは、価格順で並べ替えてみます。ただ、1袋に入っている量があまりにもバラバラなので、1日当たりのコストが低い順で並べ変えてみました。

商品名 価格 内容量 1日分
コスト
完全無臭 にんにく粒+マカ 1,890円 60日分 32円
すっぽんまむしマカ 948円 15日分 64円
3大マルチin マカ・亜鉛 1,890円 25日分 76円
メンズマカ 2,480円 30日分 83円
マカ元気 2,680円 30日分 89円
ダイナマイト 948円 10日分 95円
マカ100% 1,580円 15日分 105円
スピードガラナ
エクスタシー粒 Light
1,380円 12日分 115円
ハッスル絶倫帝王 1,580円 12日分 132円
マカMAX 2,890円 21日分 138円
マカゴールドマグナム1000 2,890円 20日分 145円
絶倫プレミアム 1,580円 10日分 158円
亜鉛マカ 1,580円 8日分 198円
歌舞伎町男精龍 1,880円 8日分 235円
凄王 4,780円 20日分 239円
厳選 マカ 4,780円 20日分 239円
燃える夜狼 398円 1日分 398円
弁慶伝 1,880円 4日分 465円
絶倫イレブン金粒 948円 2日分 474円
絶倫MR.X GOLD 698円 1日分 698円
夜王ブラック 698円 1日分 698円
精龍魂絶倫48手 698円 1日分 698円
絶倫ゴールド 698円 1日分 698円
絶倫鳳凰天舞 698円 1日分 698円
天狗猛交倫 758円 1日分 758円
魔王金粒 798円 1日分 798円
商品名 価格 内容量 1日分
コスト
完全無臭 にんにく粒+マカ 1,890円 60日分 32円
すっぽんまむしマカ 948円 15日分 64円
3大マルチin マカ・亜鉛 1,890円 25日分 76円
メンズマカ 2,480円 30日分 83円
マカ元気 2,680円 30日分 89円
ダイナマイト 948円 10日分 95円
マカ100% 1,580円 15日分 105円
スピードガラナエクスタシー粒 Light 1,380円 12日分 115円
ハッスル絶倫帝王 1,580円 12日分 132円
マカMAX 2,890円 21日分 138円
マカゴールドマグナム1000 2,890円 20日分 145円
絶倫プレミアム 1,580円 10日分 158円
亜鉛マカ 1,580円 8日分 198円
歌舞伎町男精龍 1,880円 8日分 235円
凄王 4,780円 20日分 239円
厳選 マカ 4,780円 20日分 239円
燃える夜狼 398円 1日分 398円
弁慶伝 1,880円 4日分 465円
絶倫イレブン金粒 948円 2日分 474円
絶倫MR.X GOLD 698円 1日分 698円
夜王ブラック 698円 1日分 698円
精龍魂絶倫48手 698円 1日分 698円
絶倫ゴールド 698円 1日分 698円
絶倫鳳凰天舞 698円 1日分 698円
天狗猛交倫 758円 1日分 758円
魔王金粒 798円 1日分 798円

1番安いのは、完全無臭にんにく粒+マカで、1日コスト32円という驚愕のコスパですが、効果があるのか?と問われると・・・

そして、一番高かったのが、1日コスト798円の魔王金粒。1ヶ月分に換算すると、実に24,000円相当。ユンケルなどの栄養ドリンクだと高いものは1,000円超えなので、798円もそんなに高くない気がしますが、1ヶ月分に換算するといかに高級品かがわかります。

1日あたりのコストを比較してわかったことは、かなり高級品が多いことです。サプリメントが1番売れやすい価格は1ヶ月分で、1,480円ぐらい、男性をターゲットにしても3,000円ぐらいなので、1日コスト100円前後が目安になります。

しかし、激安の殿堂ドンキに並んでいるのは、1ヶ月分3,000円以下は、6商品。3,000円~5,000円以下が6商品、7,0001円~10,000円が6商品、10,000円以上が9商品で、高価格帯の商品が多いことがわかります。

高い商品が多い理由ですが、ドンキの精力剤の顧客ターゲットは一見さんで(リピーターを狙ってない)、彼女と深夜に買い物に来たこれから夜頑張るよ!という男性をターゲットにしているので、購入意欲満々の人が多く、完全にカモがネギを背負っている状態なので、高くても購入される!という心理を見透かしているからだと思います。

だから、ネーミング買いされる期待値も高いので、秀逸なネーミング揃いの商品を並べているのかな?

この中から最強の精力剤を選ぶのは難しいかも?と思いましたが、調べてみるとちゃんと良い精力剤もありました!まずは、ふるいにかけて要らない商品を削っていきます。ポイントは3つです。

1. 1日分のみの商品は全部要らない

まずは、1日分のみしか入っていない商品を外します。これを外す理由ですが、2つあります。

①サプリメントは年間購入してもらって初めて本来の利益が見込める

②原価が中身よりもパッケージ代の比率が高い(特に金を利用しているパッケージ類)

通常サプリメントは定期購入をしてくれる顧客を最重要視しており、毎月1箱買ってくれるお客さんを1番大事にしています。だから、初回大幅割引やトライアルセットをフックにし顧客を見つけ、次に定期購入で割安などのサービスを提示して、定期購入を勧めます。こうすることによって企業の利益が安定し見込めるようになります。

一方、1日分のみの商品はリピーターを期待しないで、1箱を購入するだけで最大の利益が出るように設定しているので、どうしても割高な商品になります。

そして、1日分だけの商品でもしっかりとご丁寧に金や銀の箔を使用した派手なパッケージで包装されているため、原価が中身よりもパッケージに偏りがちになります。下手をすると中身がスカスカな商品を、パッケージとネーミングだけで売っている商品もあるかもしれません・・・

だから、1日分のみの商品は全部要りません。隠れた優秀な商品がある可能性はゼロではありませんが、非常にゼロに近いと思います。

2. 原材料の配合量を公表している物のみ選ぶ

1.でカットした商品は、見事にこの項目に該当する商品がゼロでした・・・

精力剤を選ぶ時に、色々な種類が多数入っている物を選びがちですが、1番大事なのは種類数よりも、配合量です。

僕の経験上、配合量を公表している商品は良品の可能性が高く、冷静に考えて配合量が多ければたくさん入っています!とアピールします。

しかし、反対に配合量が少ないことは隠したくなるので、配合量を公表しません。サプリは配合量を公表する義務がありませんので、それを逆手に取って中身がスカスカな商品が未だにあります(汗)

だから、配合量を公表していることだけを確認すれば、大きく外れを引く可能性はなくなります。

ちなみに一番配合数が多かったのが「凄王」で108種の素材が入っているようですが、アマゾンにあった唯一の口コミは「全く効果がなかった。何も凄くない。完全に名前負け」という辛辣なコメント・・・まあ、当然の結果でしょう。

3. 動物系は避ける

ドンキの精力剤にも、まむしやすっぽんなど動物系のものが多く並んでいますが、実は精力剤は動物系よりも植物系の方が信頼性が高いです。

一見すると、まむし!すっぽん!はすごい効きそうな気がしますが、精力に効くというデータを全く見たことがありません・・・

だから、購入するのであれば植物系をオススメします。

最強の精力剤の発表の前に気になったネーミングランキングを紹介します。

ネーミングランキング

ドンキの精力剤で注目したいのは、ネーミングの秀逸さです!個人的に気になったのは、

1. 精龍魂絶倫48手
2. 歌舞伎町男精龍
3. 絶倫イレブン金粒

漢字が並んでいるとインパクトが強いですね!1,3位は漢字+数字で、これは非常に応用が効くので精力剤としては良い名前の付け方です。

例えば48手に習って、48種の原料を入れることで、ネーミング+インパクトの効果が期待できます。

絶倫ナインで9種入れたり、最近流行りのファンタスティック4で4種入れたいりできますからね。

ちなみに「絶倫」と入っている商品は外れが多い気がします・・・

ドンキの27種類中、最強の精力剤はこれだ!

チェックポイントの3つを通過した商品は、10商品でした。10位~4位はざっと流して紹介します。

商品名 成分量 価格
(1日分コスト)
完全無臭
にんにく粒+マカ
アリイン60倍にんにく
エキス 300mg
マカ原末 200mg
1,890円
(32円)
スピードガラナ
エクスタシー粒
Light
ガラナ末400mg
シベリア人参1,600mg
コラ種子200mg
無臭ニンニク末 315mg
1,398円
(115円)
3大マルチin
マカ・亜鉛
マカ粉末200mg
マカエキス20mg
亜鉛1.74mg
1,890円
(76円)
絶倫プレミアム マカ1428mg相当
(原生薬換算)、
マレーシア原産のトンカットアリ1428mg
ガラナ末・スッポン末・
無臭ニンニク・
赤マムシ末・
トナカイの角パウダー
1,580円
(158円)
メンズマカ マカ末(ペルー産) 500mg、
ガラナ末 250mg
ナルコユリ末 100mg、
マムシ末 50mg
トナカイ角末 50mg、
ムイラプアマ
エキス末 50mg
エゾウコギ末 25mg
スッポン末 15mg
ソフォン末 10mg
2,480円
(83円)
亜鉛マカ マカ原末600mg、
亜鉛10mg、
無臭ニンニク末
1,580円
(198円)
マカMAX マカエキス末
(20倍濃縮) 250mg
黒マカエキス末 25mg
トンカットアリエキス末
(100倍濃縮) 10mg
エゾウコギエキス末 50mg
亜鉛含有酵母
(亜鉛10%含有) 50mg
L-シトルリン50mg、
冬虫夏草菌糸体末 4mg
ガラナ末4mg、
マムシ末 4mg
すっぽん末4mg、
高麗人参末4mg
2,890円
(138円)
商品名 成分量 価格 1日分
コスト
完全無臭 にんにく粒+マカ アリイン60倍にんにくエキス 300mg
マカ原末 200mg
1,890円 32円
スピードガラナエクスタシー粒 Light ガラナ末400mg
シベリア人参1,600mg
コラ種子200mg
無臭ニンニク末 315mg
1,398円 115円
3大マルチin マカ・亜鉛 マカ粉末200mg、マカエキス20mg
亜鉛1.74mg
1,890円 76円
絶倫プレミアム マカ1428mg相当(原生薬換算)、
マレーシア原産の
トンカットアリ1428mg
ガラナ末・スッポン末・無臭ニンニク・赤マムシ末・トナカイの角パウダー
1,580円 158円
メンズマカ マカ末(ペルー産) 500mg、
ガラナ末 250mg
ナルコユリ末 100mg、マムシ末 50mg
トナカイ角末 50mg、
ムイラプアマエキス末 50mg
エゾウコギ末 25mg
スッポン末 15mg
ソフォン末 10mg
2,480円 83円
亜鉛マカ マカ原末600mg、亜鉛10mg、
無臭ニンニク末
1,580円 198円
マカMAX マカエキス末(20倍濃縮) 250mg、
黒マカエキス末 25mg
トンカットアリエキス末
(100倍濃縮) 10mg
エゾウコギエキス末 50mg
亜鉛含有酵母(亜鉛10%含有) 50mg
L-シトルリン50mg、
冬虫夏草菌糸体末 4mg
ガラナ末4mg、マムシ末 4mg
すっぽん末4mg、高麗人参末4mg
2,890円 138円

第3位 明治 マカ元気

成分量 価格 1日分コスト
マカエキス
末200mg
ムイラプアマ
エキス末50mg
カカオエキス100mg
ニクジュヨウ
エキス15mg
2,680円 89円

第3位は信頼の大手メーカー「明治」のマカ元気です。一時期かなり販売に力を入れていたのですが、あまり売れなかった?影響かコンビニの棚では見かけることがなくなってしまいました。

それでも大手が作った安心感があり、スペック、価格共に購入をしてもハズレではない商品に仕上がっています。

第2位 オリヒロ マカ ゴールドマグナム1000

成分量 価格 1日分コスト
マカ粉末
換算4,000mg
黒マカエキス末
2,680円 89円

第2位は隠れた優良サプリメーカー「オリヒロ」の商品です。オリヒロは知名度はイマイチですが、優良スペックな商品を安い価格で販売しているメーカーで、このメーカーの商品に外れはほとんどありません。

当サイトでも過去に飲んだことがありますが、確かに効果を実感できました。ドンキの棚の中での信頼度は非常に高いです。

第1位 青春薬品工業 弁慶伝

成分量 価格 1日分コスト
マカエキス500mg
トンカットアリ
エキス120mg
ビニトロックス
360mg
1,880円 465円

そして第1位は無名メーカー、青春薬品工業の「弁慶伝」。

1位に輝いた理由は、マカエキス末500mg、トンカットアリエキス末120mg、ビニトロックス360mgという、配合量がダントツな点です。

マカの原料には、2種類あり1つが「マカ粉末(マカ末)」もう1つがマカエキス末になります。両者の違いは同じマカでも、マカエキス末は濃縮されマカの濃度が濃くなっていることです。

濃縮倍率にもよりますが、10倍濃縮だと生マカ1,000mg=マカエキス末100mg、20倍濃縮だと生マカ1,000mg=マカエキス末50mg、相当に匹敵します。

そのマカエキス末が500mgも配合されており、マカ粉末で500mg程度の商品が多い中ダントツの配合量になっています。2位のオリヒロと比較をすると、4,000mgに対して10,000mgで倍以上の数値です。トンカットアリエキス末も同様の理由で、非常に多い配合量になっています。

そしてもう1つビニトロックスが配合されていることが評価に繋がりました。ビニトロックスは本来アスリートのパフォーマンスを向上させる素材なのですが、その仕組みがまさに勃起力向上と一緒なのです。

ただ、ビニトロックスを販売している某メーカーの営業担当から「精力剤には使用しないで下さい」と直々に言われた経験があり、精力剤への配合はメーカーさんが喜ばないという事情を知っているので、余計に評価をしたくなります。

メーカーさんの都合もありますので、今後精力剤でビニトロックス配合の商品を見る可能性は少ないので「弁慶伝」は希少な精力剤だと思います。

まとめ

ドンキの精力剤は、玉石根菜で様々な値段設定の種類のものがありました。今回調査してわかったことは、意外な良品が混ざっていたことです。

個人的にドンキ自体のサプリコーナーは、売れなくなった商品を格安で仕入れて販売しているものが多いと思っていたのですが、精力剤コーナーは事情が違い、きちんとした商品が混ざっていることがわかりました。

もし、ドンキで精力剤を購入する機会があれば、今回のランキングを参考にして下さい。

ただし、1位の弁慶伝でも、飲んで1時間後に効く!という即効性はサプリの性質上ありません。だから、最低でも頑張りたい!と思っている日の一週間前ぐらいから継続して飲むことをオススメします。

弁慶伝は4日分しか入っていませんが、飲む量を半分にすれ8日分になりますので、ちょうど良いと思います。

ちなみに個人的にイチオシな商品は、ドンキホーテでは販売されてません。

なぜかと言うと、ドンキホーテで商品を売るには棚に並べてもらうだけでひと苦労あり、なおかつドンキに入れるための中間業者とドンキのマージンが発生するので、販売会社の利益が減ってしまうからです。

コスパが良い精力剤は、通信販売専門で売られている商品です。

追記

2017年6月に再調査を行いにいきましたが、精力剤のコーナーが大幅縮小されていました・・・
おそらく店舗によって充実度が異なると思うので、遠方の店舗にも調査に行く予定です。