精力を上げるには、「亜鉛」が良いという噂を聞いたことがありませんか?

亜鉛を飲んだからかと言って、「精力がアップ」するという医学的なデータは見たことがありませんが、精力に密接に関わっているのは事実です。

個人的には、量が1.1~1.2倍ほど増え満足感がアップしました。

亜鉛は別名で「セックスミネラル」と呼ばれています。
※おそらく精子に関係しセックスに直結するミネラルなので、そう呼ばれるようになったと推察されます。

では、この亜鉛をサプリで摂ろうと思ったら、どんなサプリがオススメかというと、僕は「牡蠣由来」の亜鉛がベストだと考えています。

サプリ業界に長年いますが、精製された単一の成分を摂るよりも「ホールフード」(特定の成分だけではなく、丸ごとという意味)を摂る考え方の方が自然の摂理に適っていると思うからです。

今回レビューする亜鉛サプリは、牡蠣の産地としてシェアNo.1の「広島産牡蠣」を原料にしている「海乳EX」です。

海乳EX商品スペック

商品名 海乳EX
会社名 株式会社パレベストプラン
価格 通常価格:2,052円

定期購入:初回980円

内容量 540mg×62粒
(1日2粒で31日分)
メイン原料 牡蠣肉エキス

商品購入

最近通販で流行りのパンフレット入りです。
男性だと、商品以外のパンフレットは正直要らないと思う人が多いと思いますが、業界人としては「商品の良さをアピール」するためには、パンフレットが欠かせないのが本音です。

僕はサプリ業界にいたからというのもありますが、メーカーがアピールするパンフレットを読むのが好きです。

特に海乳はよくある亜鉛サプリとは違い、「牡蠣由来」の亜鉛を含んでいます。
たぶん、広島県人以外の人は牡蠣の収穫のことを知らない人がほとんどだと思いますので、一度じっくり読んでみるのをオススメします。

このパンフレットに広島産牡蠣の育て方から原料の加工まで書かれています。
こうやって産地に取材にいける商品は、個人的に好きです。
※諸事情があり現地取材NGな物が意外と多いのがサプリ業界です・・・

公式ページにも牡蠣の水揚げなどの写真があるので、気になる方は見てみて下さい。海乳EX公式ページを見てみる

1日2粒で牡蠣5個分の栄養素とアピールされており、亜鉛は12mg摂れる設計なので十分な量です。
※栄養所要量(日本人の一日に必要な栄養素量)で30~49歳男性の数字が「12mg」です。

海乳EXに使用されている牡蠣は、「牡蠣肉エキス」なので牡蠣の身を乾燥し粉末したものではなく、エキスを抽出したものです。

熱水抽出という方法で、有効成分を取り出して濃縮し、その後スプレードライという方法で粉末化します。
※エキスを粉末するのは、原料の安定性を高めるためです。
水分を含むエキス状態では、保管や加工に手間がかかります。

このように濃縮しエキス化することによって、2粒に5個分の牡蠣をギュっと配合することができます。

こうして作られた牡蠣肉エキスは、亜鉛、タウリン、グリコーゲンを多く含みます。

タウリンは元気ハツラツのリポビタンDでお馴染みの栄養素です。

グリコーゲンは小さく分解するとブトウ糖になるので、エネルギーの源になる栄養素です。

また、ビタミンとミネラルも含みます。

味と匂い

色は黒色です。
この色はイカスミ色素に由来します。

おそらく牡蠣肉エキスは原料の製造ロット毎に、若干色の誤差が出る可能性があり、これをソフトカプセルに入れるとロット毎によりカプセルの色が変わってしまい、これがクレームに繋がることがあります・・・

そのためあらかじめイカスミを混ぜて黒色にし、不要なクレームを避けるための対応策だと思います。
また、牡蠣肉エキスの原料は茶系の色になるために、あまりキレイな色の粒になることが予想されるので、黒色(健康に良いイメージがある)の方が問題ないという考え方もあると思います。

ソフトカプセルなので、ツルツルしており個人的には一番飲みやすいと思っている形状です。
初めて健康食品を飲む人でも違和感が少ないと思います。

匂いですが、特に強い匂いはありません
牡蠣肉のエキスなので独特の海産物の臭いがするかな?と思いましたがソフトカプセルなので、ほぼ匂いなし。

強いて言えば「深いコク」のある香りです。
海産物独特な臭いが苦手な人でも、気になる可能性は低いと思います。

味ですがソフトカプセルなのですぐに飲み込めば、ほぼ無味です。

もし仮にですが、口の中で溶けるまで含んでいるとかなり牡蠣というか磯味が広がることが予想されるので、すぐに水で流しこんで下さい。

サプリメントの栄養素は吸収力にも注目

以前の日本のサプリメントはとりあえず原料メーカーの推奨量だけ配合し設計することが多かったです。

ただし、近年は配合量だけではなく「吸収力」にも注目するようになっています。

亜鉛の吸収量は厚生労働省の調査によると

腸管からの吸収率は約 30% という報告もあるが、摂取量によって吸収率が変わるとされている

約30%と聞くとかなり少ない印象ですが、栄養素の種類により異なりますが、極端に低い数字ではありません。

この数字を上げる方法として、一緒に摂ると良い栄養素が2種類あります。

1. 動物性たんぱく質
2. ビタミンC・クエン酸

まず、動物性たんぱく質ですが「牡蠣由来」のたんぱく質が少量含まれている点と、中身の原料を包み込んでいる外側の皮膜部分が、豚のゼラチン(たんぱく質)ですので、通常の吸収力よりも高くなる可能性があります。

ビタミンCとクエン酸は、海乳EXに含まれていませんが食後すぐに飲めば、食事に含まれるビタミンCが働いてくれるので、入っていない欠点をフォローできると思います。

このように栄養素単体のサプリを飲むと、吸収力が低くなる欠点があります。
これが理由で、「サプリを飲んでも意味がない」と言われる所以の一つです。

だから、個人的にはホールフード(食べ物丸ごと)がオススメと考えています。

海乳EXに使用されている牡蠣は熱水抽出しているので完全なホールフードではありませんが、2粒に5個分(1袋では155個分)の牡蠣を配合するための工夫です。

エキス化しているものは、メリット、デメリットそれぞれありますがメリットの方が多いと考えています。

購入情報

海乳EXは、通常の価格が2,052円です。

これは、他社の亜鉛サプリと価格比較をすると2~3倍高いです。
※小林製薬の亜鉛が90日分で2,430円(30日分で810円)、「酵母由来の亜鉛」

ただし、高い理由は「牡蠣由来の亜鉛」を配合しており、1日2粒で「牡蠣5個分」相当になるからです。

基本的にサプリは、「人工的に作った栄養素」の方が「自然由来を加工した栄養素」よりも安くなります。

亜鉛に関しては、人工的でも自然でも吸収力の差はありませんが、「牡蠣由来の亜鉛」が魅力的で食事に偏りがある自覚のある方には、海乳EXがオススメです。

コスパ重視の方は、小林製薬など大手メーカーのものであれば品質も良いので、安い方をオススメします。

海乳EXは「いつでも解約自由」な定期コースだと、初回購入が980円です。
※2回目以降は、1,949円